2017年05月02日

拍手

FGO。パッションリップとメルトリリス、無事にゲット。感無量です(´;ω;`)ウッ…>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※イメージは迷いますね。どっちもいい感じがしますし。


キャライメージへの推薦、ありがとうございます。
悩んでしまいますが、現時点ではラ・フォリアの方が近いですかね。
お嬢様然とした今の環境を望んで努力していますし、
本質は変わらないとはいえ、今の自分自身として受け容れていますからね。



※他人のための戦いとなったこの試合、どうなるか楽しみですな。


※素の実力でいえば良介が圧倒してるけど状態がなー。どうなるどうなる?

※普通に考えれば良介の圧勝ですよね。今の良介は他人のためでこそ真価を発揮しますし。
ただそれだと良介の問題は解決にはならないんですよね。

デブのイメージは本当に迷いますね。
ただスタイルや性格の雰囲気で言うと舞の方が近いかな? 

※そういや神速についての会話ってどうなったん? 


いつも小説の感想、ありがとうございます。
いよいよ次回、デブと良介との試合です。
デブは良介を倒す気満々ですが、試合形式は承諾していますので殺し合いにまでなる事はなさそうです。
とはいえ練習ではないので、二人として全力で戦います。
彼女の実力が次回、明らかになります。


神速>


流石に襲撃事件起きた後で会話する内容じゃないので、次回以降に書きますφ(..)



※お疲れ様です
本日のログボで豪運再び発動して2枚目のSSアーニャ引きましたw
たくみん狙いだったのは内緒ですw



アーニャ、ピックアップされたようですね!
私も今日ピックアップに挑むつもりですので、
是非ともその強運にあやかりたいと思います(´・ω・`)b

FGOも狙いとは違うすり抜けがあるので、怖いんですよね(;´・ω・`)



※実は良介はそば打ちが超一流のプロ並みだそうです。



良介「麺打ちの代わりに竹刀を使う技巧の持ち主よ」

トーマ「……素直に麺打ち機使ったほうがいいような」

良介「道具へのこだわりがないとは、可哀想に」

リリィ「(´;ω;`)ウッ…」

トーマ「そういう意味じゃないから!?」



※メルトリリス実装だよ、やったねタエちゃん!

※お疲れ様です

いやー、今回のピックアップすごいことになりますね
ところで今日の無料10連でついにアンリ引けました
そしてこの豪運を生かそうと札を使った結果エミヤ引けました

ピックアップまでまた石と札を貯めますw

※メルトもリップも鈴鹿御前も無課金で出ました。逆にちょっと戸惑ってます


やったああああああああああああああああああああああああ!
アルターエゴ、二人共に来たああああああああああああああああああああああああ!

ということで、私も20連で二人とも来てくれました(´・ω・`)+

20連といってもその前に呼符40枚を使った後だったんですけどねw
呼符で目当てのものが来てくれたことは一度もないので、
私の場合は10連の方が向いているのかもしれません。

何にしても感無量ですよ、ジャンヌオルタちゃんと合わせて使っていくつもりです。



※白旗のHPでナハトが踊った動画をUPしたら驚異の再生数を叩き出したようですw 

>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31124238



アインハルト「近頃はこのような動画による宣伝が流行っているのですね」

ヴィヴィオ「格闘技動画もいっぱいでているんですよ!」

アインハルト「ヴィヴィオさんのお父様はおやりにならないのですか?」

ヴィヴィオ「パパの場合自分で撮るより、撮られる側の人なので」

アインハルト「ニュース扱い!?」



※アナスタシヤ「陛下の剣に成ろうとする者が、管理局程度を恐れるものか!!」
最高評議会「なに!? まったくもって恐怖していないだと!?」


アナスタシヤ「これで聖王教会をやめさせて頂きます、どうもお世話になりました」

教会「えっ、うちまで!?」

アリサ「便乗してる!?」



※スーパーロボット大戦に、いでよ、大獣神!!


一瞬ネタかと思ったのですが、
スパロボXΩに恐竜戦隊ジュウレンジャーの大獣神が参戦したのですな!

まさかスパクロにジュウレンジャー参戦とか、びっくりです。


※実は戦争中の天狗の一族にはもう一人娘が居て、密かに良介にぞっこんらしいよ。
(ゆらぎ荘から緋扇かるら)


良介「ちなみにどういう経緯で?」

緋扇「我が一族の長に、威勢のいい啖呵を切って負ったではないか。
天下を取るものが天狗一族の長ごときに恐れるものか、と!」

良介「パクってるじゃねえか、お前の中の俺!?」



※ランスっぽいステータスで良介を評価してください


シリーズ毎にステータスの表記、違うじゃんΣ( ̄ロ ̄lll)


※ヴァイオラ・ルーズベルトの新曲は、神秘的な和風テイスト!! 
「徒桜」
>ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm31058580

ネタとリョウさんの感想出来れば両方欲しいっすm(_ _)m


おっ、多分他の人でしょうけど、以前推薦して頂いた曲じゃないですか。
やはり多くの人に愛されている曲なのですね。
音楽は毎日のように聞いているので、名曲の推薦は嬉しいです。


良介「そう言えばお前は作曲もこなすのか?」

ヴァイオラ「楽譜に起こした事はないけれど、その日の気分を歌にすることはあるわ。
貴方のことを思って歌う日が多くなったわね」

良介「素直にこう言われると、すごく照れる!?」



※リョウさん!今回からウルトラマンティガ本編第2話「石の神話」の内用を解説します!
この話にも昭和シリーズには無かった点回や要素が沢山あるんです!
「物語の始まりは西南の諸島で起きる人間の石化事件」、話の冒頭、プロローグは、舞台となる西南諸島のクララ島で起きます!
クララ島の再開発の為に島の洞窟を作業現場として、石や岩石と言った鉱物を掘る作業員が洞窟の内部で、
前回の拍手でご紹介した「ガクマ」が人間達の再開発で、自分の食料、食物である岩石や岩が減少した為に、
自身の能力の何でも岩石にする「石化光線」で作業員達に襲い掛かって、
石化させて捕食していました。この騒動と事件の連絡を受けた所からストーリーは始まります。
  「ガクマの角は一本?それとも二本?」、連絡を受けたTPC及びTPCが誇る精鋭部隊である、
特捜チームGUTSは現地人や作業場の作業員達から、怪獣=ガクマに付いて聞き込みをしていました。
以前の拍手でガクマの生態に付いて解説したように、ガクマはこの話の舞台であるクララ島に大昔から、古代から生息している古代種の怪獣です。
そして島の人々に神獣、守り神として信仰されてきました。
そのガクマの姿に関しては、拍手で解説したとおり、ガクマは実はβ、α、と命名される2種の固体が存在していた為、この時点では、
ガクマの特徴がハッキリされません。 その為、TPCスタッフや現場指揮官として現場に来ていたTPCを創設した、
TPCのトップにして最高責任者である「サワイ・ソウイチロウ」総監や、
GUTS隊の副隊長であるムナカタ・リーダーは情報が錯乱してしまい困惑してしまいます。
 「人類の常識を超えた存在の出現に苦渋の決断」、
前回の第1話「光を継ぐもの」で超古代から21世紀の現代に永い時を得て、
目覚めたゴルザとメルバだけではなく、逃走したゴルザ以外の、ゴルザとは別の種類の怪獣の出現にサワイ総監は、
本来は戦闘用の航空機では無かったガッツウイングを戦闘用へ改造、改良を命じます。
「超古代から蘇った守護神、光の巨人=ウルトラマンティガの能力と戦闘スタイルのおさらい」、
ここで場面は変わって特捜チームGUTS及び、TPCの本部である、ダイブハンガー内のGUTSの作戦室ではウルトラマンティガの能力等を、
そのティガ=本人であるこの作品の主役であるダイゴ、そしてチームで最年少でありながらもプログラミング技術及び、
データ解析及び分析のエキスパートである、ヤズミ隊員がウルトラマンティガの分析を行っていました。
「改めて理解するティガの(放映された当時ですが)能力と特異性」、
ヤズミ隊員が解析したデータから、そのティガになったダイゴ隊員は、@地球上で巨人=ウルトラマンになって居られるのは3分間が限界だと言う事。
A赤と紫の二色の、能力の平均が取れたマルチ、赤一色の力に優れたしかし動きが遅くなるパワー、
紫一色の速さに優れたその代わりにパワーが弱くなるスカイ、の3つの姿と其々の能力の違いや特徴。
B戦う敵の特徴に合わせて上記の3つの種類の姿で戦闘スタイルを変えて臨機応変に戦う。
これ等の3点からティガ=自身の能力と戦闘スタイルを改めて理解します。
「ダイゴ隊員、自身の血統のルーツと自身の血統の宿命を知る」、
またシーンは変わり前回で巨人=ウルトラマンを復活させる方法に関してが聞き取れない、
とぼやくヤズミ隊員はダイゴ隊員の前でタイムカプセルを方法が解明できたのか?
カプセルを機動させてユザレのホログラムを出現させ、前回第1話で聞いた予言を聴きます。
そして前回の最後の場面で視聴者を驚愕させた、
「巨人を蘇らせる方法は・・・ただ1つ・・・・ダイゴが光となることです」、
と言った直後にユザレの映像が実体化して等身大になる!と言う吃驚な状況になります。
これにはダイゴ隊員も驚愕しますが、ヤズミ隊員は見えていないのか?、またカプセルを弄り始めます。
如何やらダイゴ隊員以外は等身大のユザレや、その予言の最後の部分が見えない、聞こえないみたいです。
等身大サイズとなったユザレはダイゴ隊員に、様々な事を教えます。
@自身はかつて存在した超古代人ユザレの記憶と知識を持ったAIホログラムであること。
Aダイゴ隊員が前回でティガの地にあった光のピラミッド内部にあった、
ウルトラマンティガの石像と合体、融合できたのは、 ダイゴ隊員が3000万年前の当時にウルトラマンティガというウルトラ戦士になった、
人物=ティガ本人と人間との混血の子孫、クォーターの末裔であること。
等を教えました、この時にダイゴ隊員は自身の血統の秘密に驚愕、混乱し、否定するもユザレに自身の血統の宿命と事実を受け入れるように言い、
そしてウルトラマンの証である変身アイテムスパークレンスの存在も指摘しますが、
ダイゴ隊員はそれでも自身がウルトラマンである事を受け入れずスパークレンスを捨ててしまいます。
そしてダイゴは3000万年前の当事者であるユザレに超古代の過去等を様々に聞きます。
ここでユザレとの問答は終わり、昼食を買いに行っていたヤズミ隊員が戻り、ダイゴ隊員が捨てたスパークレンスを不思議がって拾うのですが、
咄嗟にダイゴ隊員は奪い返します。此処でCM、ここまでが2話のAパート、前半です。
以上が2話の前半ですリョウさん如何でしょうか?、
2話もかなり濃いストーリーです、昭和シリーズには無かった所、ポイントも幾つかあります。
ポイント@戦闘用に改造される防衛チームのメカ、昭和シリーズ、M78世界では同一世界と言う事もあって、
どの作品も第1話からメカは戦闘出来ましたが、メカを戦闘用に改良と改造すると言うセリフと後半でのシーン、
これは最初から戦闘用だった昭和には無かった事なんです。ポイントA作中でウルトラマンの能力が解説される。
これも昭和には無かった、そして後の平成シリーズでも無い事でして、
ティガが1996年当時でマンから80までのM78世界のウルトラマンとの違いや、
M78星雲のウルトラマンには無かった能力を強く強調して、視聴者に理解できる様になっています。
ポイントBダイゴ隊員がウルトラマンに変身できる理由。長く説明してきましたが、この作品の世界観では、
ウルトラマンは宇宙人と言う事を明記せず、避けて、太古の時代に超古代人を守った光の巨人と言う神の様な存在としています。
ダイゴ隊員はその存在の子孫、末裔だから先祖と同じウルトラマンに変身できる。と昭和には無かったパターンです。
ポイントCウルトラマン=人知を超えた超人である事を拒絶し否定する主人公。
昭和シリーズ、M78シリーズに置いては、ウルトラマンはその星の現地住民と融合、憑依して戦う、
又はその星の知的生命体を模して擬態、変身して、戦う時は本来の姿に戻る。と言う物で、
本人である変身タイプは兎も角・・・・、一心同体に融合するタイプのその融合する又はされた主人公達、
自身がウルトラマンであることを自覚しそして受け入れていました、しかしダイゴ隊員は自身がウルトラマンである事を否定する、と言う、
当時のシリーズには無かったパターンのウルトラ主人公だったんですよ。



偉大なる先祖の末裔だからウルトラマンに変身できるというのは、
時代の違いを感じさせつつも、実に納得できる設定ですね。
宇宙人だの他種族だのですと、どうしても人間との隔絶を感じさせてしまうので、
身近とまではいいませんが、少しでも自分達に近しい存在だと印象づきますね。




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 11:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする