2017年04月08日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第二十九話」予告編

FGO。ワガママお嬢様は大好物です(´・ω・`)+>挨拶









***


 受け止め方が、異なる。一般人が負傷したと聞かされれば怒りや悲しみを感じるが、剣士が負傷したと聞かされれば恥だと思う。そして高町美由希は剣士であり、剣友であった。
時空管理局は解釈こそ異なるが、日本で言えば警察のような行政機関である。クイントとゲンヤのおっさんは捜査官と指揮官、話すべきかどうか悩んだが親である事を前提に話した。
友人が負傷した事を大層驚いていたが、道場の剣士である事を視野に入れて事情を聞き入れてくれた。元より異なる世界での行政組織員、俺の意思を尊重して事を荒立てない事を前提に話を聞いてくれた。

親睦を深めている子供達には聞かせられない、血なまぐさい話。それでいて気遣いの出来る、優しくて敏い家族達。嘘ではない程度に、席を立つ言い訳をしておく。


「俺の人間関係でトラブルが発生したので、悪いけど先に帰る。お前達は引き続き、家族の皆で楽しんでくれ」
「また女の子を泣かせたんだ、パパ」
「せめて故郷へ帰参している時は自重してくれ、父よ。縁談話の整理には、我も大層苦労させられている」
「私が一緒に参りましょう。示談金の交渉はお任せ下さい」

「……お兄さん、女性関係にも問題があるんですか!? 今の内に全て私に打ち明けて下さい」
「落ち着いて、ディエチ。兄さんの厚意を好意と勘違いしてしまう人もきっといるのよ。兄さんの人徳を考えれば、無理も無いわ」
「リョウ兄、こんなにかわいいナハトちゃんをこまらせちゃだめだよ」
「あうー、おとーさん」
「ふりんというやつか……さすがアニキ、おとなだぜ」


***






「親父さん、お袋さんよ――問答無用でこいつら全員、ぶん殴っていいか」
「この年頃の女の子はおませさんなのよ、許してあげて」
「心配しているんだよ、こいつらは。兄妹、仲がいい証拠じゃねえか」






エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 11:18| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする