2016年09月23日

「To a you side To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第二話」予告編

うたわれるもの続編、発売(´・ω・`)+>挨拶





***



「何処だ、ここはあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!?」

 転送ゲートを抜けて目の前に広がっている光景は海鳴の雄大な自然ではなく、広大なホールの中心だった。精密かつ合理的に施設構造されたホールの中央に、転送ゲートが設置されている。
異世界ミッドチルダへ渡航した際は次元航空艦アースラを通じて、転送された。この近未来的な設備、まさかアースラかと一瞬思ったが、聖王教会側は管理外世界への直通航路だと明言していた。
混乱する俺を他所に、アリサ達は気にした様子もなくゲートから降りている。誰一人疑問に思っていないようだ。こいつらイカれていると思いつつも、説明してくれないのでついていくしかない。

ゲートが設置されたこの建物は3階建てで、搭乗通路を通じて先程の転送装置に接続されているようだ。二つを繋ぐ両ゲートは内装や外観が統一されており、田舎町には似合わない立派な設備だった。

通路を抜けるとラウンジがあって、異世界便の搭乗口に近い場所に陣取っている。このチェックインカウンターに眼鏡の女性が座っていて、アリサが何やら手続きを行っていた。何だこれ。
アリサが手続きを行っている間、係員と思われる女性にユーリ達は豪奢なラウンジへと案内されている。搭乗ゲートを出た俺を一人見事に残して、全員がにこやかに手を降って別れを告げた。
建物全体の内装を見る限り空港より、入国審査局といったお役所的な建物に近い。何処なんだ、ここ。一体、今から何が行われるんだ。海鳴にこんな施設はなかったはずだ。

我が騎士アナスタシヤや護衛である妹さんまで、ラウンジへと行ってしまった。実に久しぶりの一人なのだが、心境は迷子になった気分である。



***






「やっと帰ってきたわね」
「お前……エイミィ・リミエッタ!? 何でお前が此処にいるんだ」










神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



母港は大丈夫だけど装備枠がパンパンだよぉ・・


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

拍手

三連休も終わりですな(´・ω・`)>挨拶




いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※リョウさんに質問です。

>初登場ですので、是非とも本編で登場した際には皆さんが感じたイメージなどもお聞かせください。
聖騎士さんは本当に参考になりましたのでm(_ _)m

っていう聖騎士に関するコメはよく聞くのですが、
ほかのキャラに関しては書かれたことがないんですよね。
もしかしてあまり参考になってませんか? 

例えば今推薦されてるガリとデブに関しては、リョウさん的にはぴったりではない?



他のキャラについては、逐次言明していますぜ(σ・∀・)σ
ガリとデブは以前皆さんで話し合ったキャラを、拍手の方が間もなく登場するので再掲載して下さった分ですからね。
聖騎士は紹介して頂いた時にキャラを知りまして、好きになりましたので思い入れがあるのです。

作者である私本人がピッタリと言ってしまうと、それは決定になってしまいますからね。
初登場した際、是非とも皆さんのご感想やご意見を頂きたいです(´・ω・`)ノ




※なんか前回日記にのって無かったんでもっかい送ります。
リョウさん、読み返していて誤字発見!! 

九十一話だけど、聖王教会からも聖王陛下への面会や“正式な宣言を望む声”も大きくなっている
っていう文章、“”を消し忘れてますね

それから九十三話の"聖王"陛下の誓いを、今世の人々はセントルシアの喝采を上げた
っていう文章。流れから言って、"聖王"陛下の誓い<に>、今世の人々はセントルシアの喝采を上げた
ってなると思う。あとセントルシアの喝采ってあるけど、後半はサンタルシア、って書いてあるから、
サンタルシアに統一したほうがいいと思いますよーw 

※リョウさ―ん、前の話の誤字がそのままですぜ。

良介の「ここはどこだ」という叫び。
違う場所に出たのか、海鳴が様変わりしていたのか。気になりますなw 

※良介が剣を振る意欲を失うとか超重症だ!! しかし最後の叫びが気になるw

※一体良介はどこに着いたのかな? 

※良介が剣に対する意欲を失うとは、本当に不味いですよね。
それは皆が心配する事態でしょう。

それにしても気になるのは最後の叫びです。

良介だけ何らかの理由で違う場所に放り出されたのか。
それともいない間に夜の一族の姫たちによって海鳴が超開発されて、自然と街が融合する見事な都市になっていたのか。

本当に気になります。


小説の感想、いつもありがとうございます。
誤字脱字については他の方々も指摘して下さっているのですが、
どの方も「拍手掲載不要」との配慮を頂いていましたので、同じく載せていませんでしたm(_ _)m
ご指摘、感謝です。修正しておきますね


今週より始まりました、新章。本章は家族編ということで、良介の家族関係がメインとなります。
マテリアルズの娘達や達高町家、八神家やナカジマ家。彼らとの関係が今まで棚上げになっていたので、取り組みます。
そして剣を振る意欲がなくなった良介が、昔の家族とも対面。新キャラが登場します。

ともあれ、一話から劇的なスタート。良介が飛ばされた先は――



※こち亀最終回かなりあっさりした終わりでしたね、結局嫁問題も放置でしたし。
しかし驚いたのは他作品の眉毛コラボよりも新たに4作も執筆予定という秋元先生のバイタリティー……
60過ぎてるのにどんだけ漫画好きなんですかこの方、
手塚治でも乗り移ってるんじゃ汗) 某ハンタの作者にこの元気を分けてくれませんかね( ̄▽ ̄;)
あと来週からのコラボ作者「レジェンド」陣に失笑せざるを得ないです、もっと他にいるだろうがよォォォッ!! 

※今週のジャンプ、こち亀へのリスペクトが凄かったですね。
各漫画にあの眉毛が登場してましたしw 
しかし一回の休みもなく、40年連載というのは本当に凄い。
あのタイプの漫画だと、多くの知識がないと不可能ですからね。



こち亀、完結。
あっさりした終わり方でしたが、コミックスでは違うエンディングを書かれたとのことなので、
もしかするとコミックスでは少し言及があるかもしれませんね。
私としてはミスタークリスが再開するのは、個人的に嬉しいですね。

先生のバリタリティには脱帽です(´・ω・`)+



※トーマ「魔法紳士トーマ参上!!(ミニスカート着用」
アイシス・リリィ「……(冷たい目」



良介「俺は意外とありだと思うぞ」

トーマ「そう言って頂けると救われます、色物だと分かっていても」

良介「……その意識があるだけでも成長と言えなくもないな」




※9章完結お疲れ様です
プリヤイベント、自分は水着イベで爆死したため見送っていましたが
報酬だ札がもらえたので引いたらイリヤ引きましたw



おお、おめでとうございます(´・ω・`)ノ
プリヤコラボイベントも、いよいよ今週で終了ですね。何だかんだで思う存分楽しめました。
私は現在、ミッション全て完了。素材も希少な分については全てゲットできました。
後はキャラ育成の為の素材を集める予定ですφ(..)

水着とプリヤコラボで随分石を使ってしまったので、イベントが終わればしばらく貯蓄の日々ですね。
今のところ次に使う予定はやはり、エクステラコラボでしょうか。楽しみです(´・ω・`)+
とりあえずまずは水着キャラからゆっくり育てていきます、育てる暇がなかったのでw

もしよければ、フレンドでも使ってやって下さいなm(_ _)m




※ウェンディ「とーたす♪とーたす♪お兄ちゃんが通ったっす〜♪」
良介「…ボードを背負って何やってんだお前。フラダンス?」
ウェンディ「この世の果てまで練り歩くカメの行商人ごっこっす!
いつもニコニコどんな僻地でも赤字覚悟の通常価格!とってもホワイトなおしごとっす!」
良介「むしろブラックにしか聞こえねぇ…」



アインハルト「なるほど、行商人のお仕事をすれば足腰も鍛えられそうですね」

ヴィヴィオ「自分の針路を真剣に考えてる!?」

コロナ「そ、そういえば、アインハルトさんの詳細設計を詳しく聞いたことがなかった気も」


良介「早過ぎると言いたいけど、この世界だと早熟だからな」

アリサ「子供はのびのび育てばいいと思うけど」



※ヴィヴィオVSシン・ゴジラ 近日公開!! 



ヴィヴィオ「……ちょ、ちょっとでかすぎる気がします!?」

良介「何を言うんだ、もうすぐ続編が始まるんだぞ。積極的に宣伝してこい」

ヴィヴィオ「それはそうなんですけど、相手が悪すぎますよ!?」


アインハルト「ヴィヴィオさんがどうしても嫌だというのであれば、私が」

コロナ「そわそわしてる!?」



※ヴィルマほんと屑だなー。妹さん、壊滅させちゃって!!


すずか「何を言っているのですか。
私本人が手出しせずともコックさんが必ず、必ず蹴り飛ばしてくれます!」

忍「めっちゃ強調してる!?」

良介「これほど熱くなる妹さんは珍しい」


※ガルパン最終章製作決定!!


ガルパンはいいぞ( ゚д゚ )クワッ!!


……。


いいぞ( ゚д゚ )クワッ!!



※良介がオープンした食事処も大盛況。
美味しい御飯が綺麗な景色を見ながら食べれると大評判、遠方からもお客さんが訪れるように。

そこで良介に相談に来たのが村役場の人。この村に観光資源が欲しいと相談に。
今村おこしという、良介の新たな挑戦が始まる!! 

銀の匙〜宮本良介奮闘記〜 大ヒット発売中!! 


アリサ「村おこしというと、具体的には?」

良介「ガルパンをPRしよう」

アリサ「便乗商法!?」



※プリヤコラボにて鬼神童女I☆BARA☆KI!来・迎・聖・臨!!!
偽茨木「おい待テ!それでは魔法少女…というか退魔師小娘に顎でコキ使われておるお供役の鬼の方ではないカ!
大体あやつの武器にしてモ!肘から飛び出る赤いツノはまだヨイ!
だがイカズチの黄金龍が変化したマサカリとカ!まるで金時めの得物であろウ!」


良介「意外と似合う気がする」

茨木「ふん、その程度の世辞で心が動くと思うなよ」

良介「愚か者め、敢えて敵に合わせた武器で倒してこそ真の勝利よ( ゚д゚ )クワッ!!」

茨木「な、ナンダッテー!?」


アリサ「尚、勝ったことがない件」



※あまんちゅ視聴してるけど、火鳥先生いいね。
サバサバしてるけど面倒見がいい、イメージ的には孤児院の先生にあってる気がしますね。

さあ、どうなるか楽しみだw 


火鳥先生、いいよね(´・ω・`)b
サバサバ系のお姉さんもなかなかグーなのです。

良介の母ちゃんについては連載開始当初の頃からイメージはあったのですが、
年単位で時間が経過しているので、結構いろんな影響を受けて変わりそうです。



※プリズマ・コーズ限定星5 

月村すずか:キャスター

憑代となったアリサを救出するため、サファイヤと一時契約したすずか。
ずべての可能性を内包する少女は、魔法少女となってさらに輝きを増す。

「魔法少女の究極の一、此処に顕現」

宝具:幻想神秘・終の一撃

自身の宝具威力上昇・オーバーチャージで効果上昇。
敵単体に超強力な攻撃。



すずか「パフ系のスキルを常時しています、剣士さん」

良介「ぶっ壊れスキルにまで発展してる!?」

忍「四騎士側は突出した性能がないから、注目されるかもね」



※アリサがツンデレからクーデレに移行するようですw


アイシス「見なさい、アリサさんのこの時代に合わせた変化。あの人こそ体現者よ」

トーマ「一定の人気を獲得しているなら、それ以上の追求は不要じゃないかな」

アイシス「ええい、この一般サラリーマン( °▽°)=◯)`ν°)・;'.、」

トーマ「平穏を望んでいるだけなのに=◯)`ν°)・;'.」



※リョウさん 前回の拍手でのレオの客演回なんですが、
この話はレオのリスペクトに大変溢れて居るんです!
まず登場する宇宙人は前作品からではないメビウスオリジナルの、リフレクト星人と言う星人なんですが。
この星人は光線技を主体とするM78星雲系列のウルトラマンにとって、
天敵と呼べる宇宙人で身体構造が光線を通さない性質で、レオ兄弟の様な格闘戦、打撃系の技が主体じゃないと倒せない。
そして狡賢く人質を取る卑劣な性格と言うレオ本編の通り魔だった星人達を思い出させる星人なんです。

そして客演するレオ=おおとりゲンなんですが、服装は旅の僧侶と言う求道者を思わせる服装で、
レオの本編のストーリーを思えば似合っている服装でした。
前回お伝えした黒潮島の周辺でメビウスに勝負を挑み、32年間の経験での歴戦の戦士と呼べる圧倒的な格闘戦と象徴と言える、
レオキックも披露しメビウスに完勝。勝負が終わって
メビウスの弱さとリフレクト星人との戦いも合わせて2連敗を厳しく一括し、悔し涙をしてしまうメビウスに対して
ゲンは師匠のセブン=ダンにかつて言われたあの言葉、
「その顔は何だ……その眼は! その涙は何だ!? そのお前の涙で、この地球が救えるのか……? 」、
とセブン=ダン隊長に言われた上記の言葉を、今度はゲンが自身からは3番目の弟と言えるメビウスに言うと・・・・、
レオの成長とレオがゾフィー〜タロウと6人の義兄達と同じ歴戦の勇士になった証拠と言える所でした。
それとですね、ゲンのセリフの中に「タロウ兄さんは許したらしいが・・・・」、
と昭和の時代では接点が無かったタロウに対して発言する所もあるんです、
このセリフからレオもウルトラ兄弟の一員である。
あのタロウも4人の義弟の兄の立場になったと解るセリフですね。


考えてみれば、ウルトラマンの技は今でこそ多種多様ありますが、
昔はスペシウム光線でやっつけていたんですよね。
あの技は怪人には無敵でしたが、怪人側も光線に強い奴が出てきても不思議ではありませんね。
当然の事なのに、意外に思えてしまいました。

今では色んな強い怪人がいるのでしょうな(´・ω・`)





沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)




神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



「艦これアーケード」に軽巡「長良」「五十鈴」「名取」「由良」が追加!


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 20:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

「To a you side To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第一話」予告編

いよいよ来週、うたわれるもの続編が発売ですね(´・ω・`)+>挨拶





***



 ――医者に相談したら、とにかく休めと言われた。

入院している最中ではない、退院する最後の挨拶にまで思いっきり命令された。集中治療に日数を費やし、長期静養に専念させられた挙句、最後通牒を叩き付けられて病院を出たのである。
幽霊が存在する以上人間には魂があるのだろうが、俺はどうやら骨の髄どころか魂に至るまで疲弊しているらしい。怪我は治り、疲労は回復しても、俺という本人は休息を求めて喘いでいた。
何故こんな事になったのか、自覚そのものはある。医者が怒り、アリサが狼狽し、妹さんが焦り、忍が仰天して、娘達が泣き、一同を困惑させた不治の病。

心境の変化は確かにあったのだが、まさかこんな病に犯されるとは思わなかった。



叶えられなかった夢は、人生の終わりを迎えて――物語の始まりを、告げた。



***








「剣を振る意欲が、失くなりました」









神姫プロジェクト、始めてみました。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)



また秋刀魚か_| ̄|○


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 12:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする