2018年01月22日

拍手

次のガチャでは、ネットで噂になっていた乱数調整教を試してみようと思います>挨拶



いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※ついにー、良介がー、結婚するようです!!


良介「むしろ結婚したほうが、家庭的に安定するのではないだろうか」

忍「子供が増えまくっていて、むしろ混乱しているもんね」

アリサ「人生の墓場に落ちる典型例だわ」



※ヴィヴィオの血統がえらいことになっとるがなw

※姫たちの面影はあるみたいだけど、肝心の良介のは?

※ヴィヴィオ来たー、というかこの年に来たということは、
原作よりも十は年上になるということなのだろうか?


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
本小説より、正式にヴィヴィオさんの登場です。
誕生したばかりなので原作よりもちびっこい、2〜3才程度の容姿となっております。
ですので、ヴィクトーリアやエレミアと同年代になる感じですね。あくまで推定ですが。
とはいえ単なる三歳児ではなく、知能は凄まじく発展したコナンのような天才児です。

クローンなので変な言い方ですが、ディード達は父親似、ヴィヴィオは母親似という感じですね。
ただヴィヴィオは、良介のもっとも大切な面を受け継いでいます。


※音遠が甘酒によってこうなってしまいましたw
>ttps://pbs.twimg.com/media/DTis0QKUMAEVVO_.png:large


良介「この瞬間を写真に取れば、永遠に脅迫できるな」

ガリ「何を脅迫するつもりなのかしら」

良介「結婚相手を決めて容赦なく押し付けてやるのだ」

ガリ「意外といい人を押し付けそうだから、貴方という人があなどれないわ」


※ナハトの足音
ポテ、ポテ、メメタァ、ポテ、ポテ、メメタァ。

忍「なんか変なの混じってる!?」



良介「積極的に萌えを取り入れているのだ」

トーマ「あの年齢でもうそこまで意識しているのですか!?」

アイシス「今や、幼女が主人公な時代なのよ」



※ナハトがモナリザ(本物)を拾ってきました。



ダ・ヴィント「描いてあげたよ」

良介「なんか軽く言ってやがるぞ、こいつ!?」

アリサ「本人だからぐうの音も出ないわ」



※白旗が新世界の開拓に向かうようです(モンスターハンターワールド風)



良介「いよいよ今週だな、フフフ」

ヴィヴィオ「なんだかやる気だね、パパ」

良介「モンスターを狩って強くなれ、素材まで売れる。加えてソフトまで売れると、いい事尽くしだぞ」

ヴィヴィオ「ソフトを売っちゃ駄目だよ!?」




※リョウさん!今回は以前の1月8日の拍手にて、解説した、平成ウルトラシリーズ第1作目、「ウルトラマンティガ」、
のTV本編、最終話、最終話第52話で登場、再登場した、以前のエピソードにて登場した、ゲストキャラ、人物の解説をしたいと思います!
1月8日の拍手では、特撮好きで有名な、京本政樹さんが演じた、シリーズ史上初の女性隊長、イルマ・メグミ隊長の同期、友人の、
ハヤテ・シン隊長、の解説と紹介をしました!今回のゲストキャラ、人物も、大変濃い、そして印象に残るキャラなんですよ!
用語その2「ヒーローと係わり、救われ、そして成長をした男」京本政樹さん演じたハヤテ隊長に続く、ゲストキャラ、人物の2人目は、
このキャラです!キリノ・マキオ演:宮下直紀、初登場:第39話「拝啓ウルトラマン様」、上記の通り初登場は39話で、
作品の解説で度々普及したガルラと言う、怪獣が登場したのもこの39話です!この人物もダイゴ隊員に貴重な経験をさせ、
また逆に主役のダイゴ=ウルトラマンティガに、ウルトラヒーローに救われた人物でもあるんです!
用語その2(2)「経歴と背景設定並びにゲスト出演したエピソードの経緯」さてこのキリノ・マキオと言うキャラ、人物ですが、
最初の印象としては眼鏡をかけた何処にでも居る様な、一般人の男性なんですが、しかしこの人物、なんと、
超能力者、エスパーでして!その超能力は、@読心術=サイコメトリー、A予知能力、Bテレパシー、Cその他諸々の超能力・・・・、
とありとあらゆる超能力が使えると、星人やウルトラマン顔負けな、ウルトラマン、星人一歩手前、二歩手前、
な能力を持った人物なんです!しかしそれ以外は、39話での描写で見る限りは、@部屋が汚な・・・生活観があふれていたり、
A39話のEDで格好良く〆たと思いきや忘れ物を取りに戻ったり、と力=能力が「ある」だけで、それ以外は本質的には我々常人と、
普通の人、人間と変わりません。では何故?そんな人物が、ティガ=ダイゴと係わる事になったのか?
を解説したいと思います!用語その2(3)「力を、特別な物を持つの共通の苦しみと悲しみ」超能力=エスパーである事以外は我々と変わりない、
このキリノ・マキオがティガ=ダイゴとの係わりですが、他作品でもよくある、描かれる事ですが、このキリノ・マキオと言う人物は、
過去にその類稀な超能力の才から、「その力の為に周りから化け物扱いされてきた」、と言う重い、悲しい経歴を持っており、
周りに疎まれ恐れられることに深く苦悩する人生を歩んできた、そんな自身と違って、自身よりも特殊な能力を持つ=力
(光の巨人=ウルトラマンと言う人知を超えた存在への変身)があるのに、人々から英雄=ヒーローとして賞賛される、
ティガ=ダイゴ隊員に憎しみと恨みを抱いて(嫉妬と八つ当たりですが)、脅迫紛いのゲームを挑んだ、
と言うのが経緯です!用語その2(4)「常人とは異なる力、物を持つと言う共通の物を持つ、英雄=ヒーローから教えられたこと」
そしてそのゲームの内容ですが、内用は、<ウルトラマンに変身せずに怪獣を倒すこと>、でもし破ったら、
<ダイゴの正体がティガである事を世間に公表する>、と言うウルトラマンもといヒーローにとっては、絶体絶命の窮地と言える物でした、
しかしティガ=ダイゴが決まりを破り、怪獣=超古代怪獣ガルラに立ち向かっていく姿を、その勇姿と戦いで傷つく姿を見て、
@ティガ=ダイゴが皆に賞賛されているのは、その特殊な能力と強さからではないこと。Aダイゴも自分と同じくその人を超えた力で苦しんでいる事。
B彼が賞賛されるのはその人柄の為であること。と様々な事を知り、自身の敗北、負けを認め、悟り、
ガルラの弱点を超能力で知ってそれをティガ=ダイゴに教え、そして改心して前向きに生きていく事を、
自分の力に頼ることも、そして怯えることもない、<ごく普通の人間>として生きていくことを誓ったんです!
用語その2(終)「最終話での再登場」最後にそんな超能力者キリノですが、ハヤテ隊長と同じく最終話でティガ=ダイゴ隊員に、
深く関り、そして救われたキャラ、人物と言う事から、最終話でも登場、再登場して、@月面基地から駆けつけて来た、
ハヤテ隊長を主要メンバーが乗る、アートデッセイ号の位置をテレパシーで伝える。A邪神ガタノゾーアとの戦いに敗れて石化し、
海底に沈んでしまったティガ=ダイゴ隊員を復活させる作戦を、ガタノゾーアの浮上の余波に巻き込まれて生死不明なっていた、
G.U.T.Sメンバーのホリィ隊員とシンジョウ隊員にテレパシーで、ティガ復活の作戦の内容を伝える。
と言ったナイスアシスト、サポートぶりを見せました!以上が再登場ゲストキャラその2、の超能力者キリノの初登場の経由と、
最終回での活躍ですが、リョウさん如何でしょうか?このキリノと主役のダイゴ隊員は、エスパー能力とウルトラマン、
と言う違いがありますが、共通しているのは、@人とは、常人とは違う、凌駕する、超常的で人知を超えた力、能力を手に入れた、持った。
Aその力、能力による周りとの境遇の違いによるギャップから、苦悩している、苦難の道を生を歩んでいる。
と言う共通点があることがポイントです!そしてこの点によって、ウルトラマンティガ=マドカ・ダイゴの、
初代マンから80までの当時までの、ウルトラシリーズからはその特異性と異色ぶりが解り、そしてティガ=ダイゴのヒーロー性と、
人間ウルトラマン=地球人が、人間がウルトラマンへの、変身能力、人知を超えた巨大な力を、持ってしまった事による重圧と、
そして苦悩と苦難と言うドラマ性の深みも与えたんです。



強大な力を持ったゆえの苦悩というのは、
ジャンルを問わず訪れるヒーローたちの試練でもありますからね。

ヒーローであれば迷わず立ち向かって欲しいという願望と、
ヒーローであるがゆえの悩みもあって当然という考えが、ファンの中で両立してしまうのでしょうな。




沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
【関連する記事】
posted by リョウ at 23:14| 大阪 ☔| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

「To a you side 第十楽章 田園のコンセール 第六十九話」予告編

節分イベントに備えて、サーヴァント達を育成中。巴さんのピックアップが来ますように>挨拶







*****



 ひとまず事情を説明して、シュテル達を穏便に解放してもらった。本人達は全く気にしていないとはいえ、誤解をされたままでは困る。立場上、どちらも我が子なのだから。
……自分で言っておいてなんだが、この達全員が自分の子供なのだ。自分の法術で生み出されたシュテル達と、自分の遺伝子で生み出されたディード達。本人の意志は全く関与していない。
まだ成人していない自分が子持ちとなってしまったこの現状、自分が望んで進んでいない人生なだけに、大いなる運命に容赦なく巻き込まれてしまっている感じがする。

流されるままの人生なんぞ真っ平なので、ひとまずの抵抗は試みてみよう。


「オットーと言ったか。お前もこのディードと同じく、俺の子供なのか」

「うん、僕とディードは双子。おとうさんの遺伝子から産まれた子供だよ」
「姉妹達の中で、私とオットーの二人だけがおとうさまの子供なんです」

 姉妹達というのが誰なのか言うまでもないが、あいつらの中でこの二人だけが俺の遺伝子から産み出されたようだ。よし、大量生産はされていないな。
闇の書や法術について調査するべくこの無限書庫へと来たのだが、今はとにかく後回しにして一刻も早く聖地に連絡を取りたい。具体的に言うと、あのクソ博士を殴りに行きたい。
恐ろしいほど手遅れなのだが、最低最悪でもあの野郎から俺の遺伝子は回収しなければならない。戦闘機人の話が出た時何故この可能性を考慮しなかったのか、過去の俺を引っ叩きに行きたい。

本当なら今すぐにでも連絡したいのだが、機密保持の為に許可のない通信は行えない規則となっている。ぐぬぬ、クロノがいれば――あ、そうだ。

(お前ら、クロノはどうしたんだ)

(パパを攫った女の子を捕まえに行ったよ)
(見事なバタフライを決めて現れまして、至急追跡に向かわれました)

 

*****




……あの潜水娘、単純に逃げたんじゃなくて囮役を買って出やがったのか。





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+

posted by リョウ at 20:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

拍手

節分イベントまでに、星四以上のサーヴァントは鍛えておくべきか(´・ω・`)>挨拶



いつもメッセージありがとうございます。
まずは、この拍手の返信をさせて頂きます。



※あ、そういうことですか。了解です!! 
下ネタに関して答えていただきありがとうございました。

※なんかネタと答えがずれてるなー、と感じていたんですが、苦手だからずらしていたんですね。
気づかずに送ってしまい申し訳ありません。自分も注意しますね。

※ついつい本編では見れないキャラの反応が見れるから送ってしまったorz
これからはほどほどに自重しないとダメっすな。


ご意見、ありがとうございました。参考になりましたφ(..)

拍手を送って頂ける分にはかまいませんよ。ありがたいですし、気軽に送って下さい。
ただ苦手だと思ったら敢えてずらしたり、スルーしたりするので、
その辺は笑って許してやって下さい。ああ、こういうのは苦手なんだな、と(;´・ω・`)



※ガリとデブと良介ええなー。
新たな娘sは幼さが可愛いぞw 

※幼馴染の距離感がいいですね。しかし振袖でラーメンとは恐れ入るw 

※ディードとオットーが可愛いぞ。
良介は剣への答えに一歩近づいたのかな? 

※幼馴染たちの話は本編でももっと読みたいです。
娘たちはそれぞれ個性があってよろしい。次回はいよいよあの娘と対面かな?


小説の感想、いつもありがとうございますm(_ _)m
本編では色んな事情で良介が飛び回っているのでなかなか再登場できていませんが、
ガリやデブは良介と無事再会できたので、すっかり海鳴りに居着いています。
昔と違って二人共経済力もあるので、別れられなくなりました。

人並みの恋愛や結婚は望んでおらず、昔からの孤児同士でくっついている感じですね。
デブはともかく、ガリは良介が仮に誰かと結婚しても式場の予約とかあれこれ世話を焼きそうな感じです。


※BEETLESSのレイシアがリョウさんの作品のノエルに見えて来た。メイド服着てくれ…


レイシア、かわいい( ゚д゚ )クワッ!!
スタイルはノエルさんの方が上っぽいですが、こういう戦闘服などは特に好みですね。

ノエルさんは本人のエピソードは聖地で一旦終わりましたが、
出番そのものはまだまだありますφ(..)


※ナハトがダヴィンチちゃんを連れてきましたw 



ナハト「これー」

ダヴィンチ「ほほう、なかなか芸術的かつ刺激的な作品だ。この世の全ての不幸を見事に演出している」


良介「俺の自画像にどういう評価しているんだ、あいつ!?」

アイシス「なかなか的確ではないかと」


※リョウさん、ツイッターで、
「ジャンヌオルタちゃんのモーション更新で、私大歓喜」
って書いてありますが、どこ情報か教えてくれませんか? 




何を言っているんですか、公式にきちんと書いているじゃないですか――
と思って確認したら、バトルグラフィックでした。申し訳ない_(:3」∠)_
霊衣開放に合わせて、グラフィックが変化するのですね。

メインストーリーが終わったら開放されるので、明日が楽しみですね(´・ω・`)+


※良介が百重塔へ挑戦するようです。



アインハルト「最上階で貴方の挑戦をお待ちしております」


良介「お前の友人が陣取っているぞ!?」

ヴィヴィオ「どうしてあそこまで自信をつけたのでしょうか、アインハルトさん……」

アリサ「あの天狗の鼻を折ってやりたいわ」


※良介がデブと野球拳をしたようです。(このくらいはありですか?)


(´・ω・`)b


良介「くっくっく、次に勝てばブラを剥ぎ取れるぜ」

デブ「うう、女性の裸には興味が無いという情報でしたのに……」


忍「その心は?」

ガリ「長年の天敵には容赦がないの、あの人」


※シグナムにメラメラの実を食べさせたようですw 


良介「無意味すぎて笑う」

すずか「何を仰るのですか、剣士さん。メラメラの実こそ今は無きエースの魂が――」

良介「急に饒舌になった!?」

忍「ファンの心を刺激する発言は控えたほうがいいよ」



※久遠「ぜうす、しもべになる? それとも……しもべになる?」


ゼウス「うう、この笑顔が底しれなくて怖い……」


良介「善意の塊だと、逆に怖いんだよな」

アリサ「あんたらの性根が曲がっているだけ」


※ナハトが怪獣娘シーズン2EDのセンターをつとめるようです。
ナハト「がおがお♪がおがお♪がおがお♪がーおー♪」


良介「意外にアクティブで笑える」

アリサ「ああいうの好きだからね、あの子」

リーゼアリア「センターは当然よ(頷)」
※シグナムにメラメラの実を食べさせたようですw 



※リョウさん!以前ご紹介した、ウルトラマンジードの後番組の、ttp://www.tv-tokyo.co.jp/anime/uo/
「ウルトラマンオーブ THE CRONICLE」の放映がスタートしましたが、以前のジードと同じく円谷プロ公式の、
ttp://m-78.jp/orb/news/423/の次の週の土曜日まで無料で視聴できる、見逃し配信の実施も決まったみたいです!
見れる、視聴できる、動画を配信するサイトは、ttps://m-78.jp/news/onair_broadcast/ここを土曜日のお昼から夕方、そして夜の深夜、
などの時間帯に観覧すれば解りますので!
オーブの余談その1、「ウルトラマンオーブ、引いてはシリーズでも屈強な人気を得た、ライバルキャラ、ジャグラスジャグラーとそこから生まれた、闇の仕草」
さて最後にオーブ関連の話題を少しばかり、ウルトラマンオーブは去年のジードの前、平成28年、2016年の夏の、7月9日から冬、12月24日まで、
全話25話まで放送された、ウルトラ作品です。上記の話数からも解るとおり、放送は半年くらいと、去年のジードと同じく特撮ドラマとしては、
結構短い番組、作品だったんですが・・・・、しかし話数が少ないその代わりに、1話、1話のエピソード、ストーリーが非常に濃密で濃い、
非常に印象に残る物ばかりでして、ストーリー構成は、主人公のウルトラマンオーブこと、クレナイ・ガイさんの内面描写を中心に、
昭和シリーズと比べて、1話完結性よりもシリーズの縦軸、連続性に重点が置かれているのが特徴です。
この構成によって1話、1話が見逃せない、続きが非常に気になる作風から、視聴者を引きつけました。
オーブの余談その1(2)、「ウルトラマンオーブ、引いてはシリーズでも屈強な人気を得た、ライバルキャラ、ジャグラスジャグラーとそこから生まれた、闇の仕草」
そしてこの「ウルトラマンオーブ」が一昨年のアニオタ界、又は特撮界に置いて高い人気と支持、又はツイッターのトレンド、ワードに上位ランキングに入ったのは、
2016年のSS、二次SSでも良く見られた小説のネタにもなったのが、余談のタイトルにも在るとおり、ウルトラマンオーブ=クレナイ・ガイさんの、
ライバル、宿敵役の、青柳尊哉さんが演じた、ジャグラスジャグラーです!ジャグラーは上記の俳優の青柳尊哉さんが、@クールな外見と、
Aそれに似合わぬ狂気的な性格や言動、Bからによる非常に濃い、印象に残るキャラクター性と言う上記のそれを見事に熱演した青柳尊哉さんの俳優としての、
役者としての演技力の高さによって、敵キャラ、悪役であるにも係わらず、ポイント1「クレナイ・ガイ=主役ヒーローのウルトラマンオーブと双璧を為す、
匹敵するほどの高い人気と支持、ファンを獲得した」、と言う製作委員会、スタッフの方々も予想もしなかった、
快進撃を為したキャラなんですよ!
オーブの余談その2「止まる事なかった、ジャグラーの人気」最後にジャグラーの人気ですが、この大人気からか、2016年の11月19日に、
Twitterにて、ジャグラー役の青柳さんが「オーブ」放送終了後の1時間の間に、投稿された質問にすべて答える?!、
という前代未聞の企画が行われたんです!更にジャグラー=青柳さんの快進撃は進み、番組の最終回直前に、リョウさんもご利用なさっている、
ニコニコ生放送で配信された特番にも、ウルトラマンオーブ=クレナイ・ガイ役の、石黒英雄さんと共にゲストとして出演。
更にこれだけではなく、番組の、作品の顔である、オーブ=主役の石黒さんを差し置いて、青柳さんがジャグラー役で出演するヒーローショーが行われ、
更にその後、名古屋にてファンを対象とした握手会、(この握手会は通称「闇タッチ会と呼ばれました」)が開かれました。
そしてこのジャグラーから生まれたネタ、要素として、今でも時折小説のネタとしても上げられる、
通称、「闇の仕草(やみのしぐさ)」と言う物も生まれたんです(笑)、この闇の仕草と言うのは、「ウルトラマンオーブ」の番組最終回直前に、
配信された特番、「ウルトラマンオーブ 最終回直前ニコ生特番 怪獣娘の力おかりします!」で同作に登場する悪役:ジャグラスジャグラーの独特の仕草に対して、
番組スタッフが(勝手に)名付けた愛称でして、しかしジャグラーのキャラクターとしての高い人気と、「仕草」というネーミングがファンのツボに嵌ったのか?、
ジャグラーの代名詞として瞬く間に定着していったんです。またその使い勝手の良さ故か?、最終回直前の一挙再放送および最終回では、
ジャグラーの一挙手一投足に対して、闇の〇〇、というコメントが飛び交う事態となったんです(笑)。
以上がウルトラマンオーブの作品としての解説と、オーブの人気キャラのジャグラスジ以上がウルトラマンオーブの作品としての解説と、
オーブの人気キャラのジャグラスジャグラーですが、リョウさん如何でしょうか?この闇の仕草は、特番内で、
「ジャグラー闇の仕草教室 闇の極意覚えます!」、と言う企画が行われた程なんですよ


特撮モノにおける俳優さんの役割は大きいですよね。
高い演技力が要求されるだけに、主演俳優さんの手腕が問われます。

そういった意味でも、まさに選ばれし人なのかもしれませんね(´・ω・`)+



沢山の拍手、ありがとうございます。
後日、未返信分は改めて書かせて頂きます。
拍手は身近な話題からアニメ・ゲーム、小説のご意見や感想も受け付けていますので、
お気軽に送っていただければと思います(ぺこり)





エルダー・スクロールズ・オンライン「ESO」
オブリビオンやスカイリムシリーズの最新作、広大なフィールドをオープンフィールドで駆け回るRPG。
基本は無料プレイ。ESO-ID「ryou123」、一緒に遊びましょう(´・ω・`)+


神姫プロジェクト、プレイ中。ID「10912599」、よろしくお願いしますφ(..)


→私のHP




とらいあんぐるハート3×魔法少女リリカルなのは本『To a you sideシリーズ』、通販中(´・ω・`)+
posted by リョウ at 22:35| 大阪 ☁| Comment(0) | 拍手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする